今の日本

【 今の日本 】

苦しむ人が出たら助ける。それが今の日本の社会。

本当に必要なのは、苦しむ人が出ないように、ひとりひとりが何をするかを積極的に考え、行動する社会。

そのための大きな役割を果たすはずのマスコミ、行政、企業などが、経済効果や効率性ばかりを重視し、真逆の方向に突っ走っている。それが今の日本の社会。

そればかりか、“助ける”ことを口実に、さらなる経済効果を狙い、悪循環を作り出している。

それが今の日本の社会。

有名な人や権威が高いと言われる人たちの声には耳を傾けるが、本当に苦しんでいる人たちの声には耳を傾けない。それも今の日本の社会。

今、目の前で苦しんでいる人を助けることは最重要課題、それは間違いないことだろう。

しかし、それだけでは何の解決にもならない。

苦しんでいる人が助かる前に、もっともっと多くの苦しむ人を作り出しているのが、今の日本の社会。

そして、ほとんどすべての日本人が、もっともっと多くの苦しむ人を作り出すことに加担している。ほとんどの人は自覚することなく・・・

それが、今の日本の社会。

 

誰かを責めても何の解決にもならない。

今、私たちが真っ先にすべきことは、【合成洗剤を一切買わない・使わない】ということ。

そして【農薬・化学肥料・食品添加物をほんの少しでも使ったものは買わない・食べない・プレゼントしない】ということ。

これがすべての原点。私はそう思っている。

その気になればできる。その気になるか・ならないか、ただそれだけのこと。

たったこれだけのことを、ひとりひとりが真剣にしていくだけで、世の中全体のアレルギー・ガン・痴呆・化学物質過敏症・発達障害・薬害 etc. の50%以上、いや90%が姿を消していくだろう。

どれだけの人が本気で一歩を踏み出してくれるのだろう?

誰かを責めることもなく、人を説得する必要もなく、ネットワークを作ることもなく、今すぐ、誰でも、自分一人ででもスタートできること!

こうした人が、せめて世の中全体の1%くらい(10%ではないですよ。1%です)になってくれたら、世の中の大きな大きなうねりとなっていくだろう。

今、これを読んでくれているあなたが、その1%の仲間入りをしてくれたら、そんなうれしいことはありません。

私の住んでいる幸田町の人口は約4万人。その1%は400人。

幸田町に、こうした人が400人いたら・・・

嫌な思いをして・辛い思いをして、行政機関や学校などに交渉することなく、世の中の大きな流れになっていくと思いませんか?

いろんな市町村で、こうした声を発信していって欲しいと思います。

 

その結果、社会全体に、化学物質を使用しない商品への要請が高まり、その要請に応える仕事が増える。

今苦しんでいる人たちが、安心して、社会に貢献できる仕事を始めることができる。

悪循環の経済効果ではなく、好循環の経済効果がもたらされるようになる。

そんな世の中になっていくことを、心から願っています。

 

 ここでいう【合成洗剤】とは;

 合成界面活性剤を含む家庭用品すべてを指します。

洗濯用合成洗剤を筆頭に、【柔軟剤】【シャンプー】【リンス】【トリートメント】【コンディショナー】【ハンドソープ】【アフターシェイブローション】【整髪料】【制汗剤】【消臭剤】【殺菌剤】【芳香剤】【香水】【化粧品】【日焼け止め】【保湿剤】【ウェットティッシュ】【紙おしぼり】 etc.

そして、【殺虫剤】【防虫剤】などにも合成界面活性剤が使われているものが多いです。

さらには、【予防接種薬(インフルエンザワクチンにも)】のほとんどに合成界面活性剤が使われています。

これらは、不妊の大きな要因であり、先天異常の大きな要因でもあります。

また、発達障害でない子どもたちに、発達障害のような行動を起こさせる原因物質でもあります。

うつ病でない人たちに、うつ病のような症状を出させる要因にもなっています。

 

日本で主流となっている合成界面活性剤のほとんどすべてが、国際基準で規制の対象になっているものです。

もちろん、日本でも規制対象です。

ただし、過去、何度も申し上げてきたように、日本では、どういう訳か・・・

『多くの規制物質が、家庭用品に使われる場合は規制対象外とする』というとんでもない状況になっているのです。

大企業利益優先の社会構造、これを変えられるのは、消費者だけです。

カテゴリー: 未分類   パーマリンク

コメントは受け付けていません。