ゲノム編集食品

【ゲノム編集食品】

2019年10月1日~  一般小売開始!!!

簡単に言うと、『あらゆる遺伝子操作食品の完全自由化』

厚労省は、「企業にゲノム編集食品であることを消費者に提示するよう求める」としています。

ところが、

  •  法整備は一切なし。
  •  食品安全委員会での審査はなし
  •  表示義務は一切なし
  •  消費者に提示しなくても罰則は一切なし
  •  提示していない企業であることを公表されることも一切なし。

 

ゲノム編集食品には、どんな食品があるの???

  •  お米や小麦や大豆などの穀類
  •  トマトやナスやほうれん草などのあらゆる野菜
  •  鯛や鰹やマグロや鮭やイワナなどのあらゆる魚介類
  •  牛肉や豚肉や鶏肉や羊肉などのあらゆる肉類

 

2019年10月1日から、一斉に一般市場で販売されることになった。

該当企業は、この日のために、いつでも市場投入できる準備を進めてきた。

 

さて、みなさんはどうやって見分ける???

商品そのものを見て見分けることは不可能です。

「製造業者」「加工業者」「販売業者」で見極めるしか方法はありません。

でも、ほとんどの人が騙されます。

その方法は・・・

取り扱うゲノム編集食品のうち、1品目か2品目だけ、「ゲノム編集食品」である表示をする。

他の「ゲノム編集食品」には何の表示もしない。

多くの消費者は、この業者は正直にしているようだから、何も書いてないものはゲノム編集食品ではない、と勝手に判断する。

ゲノム編集食品を、製造・加工・販売する業者は、こうしたことはすべて想定済み!

違法行為は何一つない。 嘘も言っていない。

あっという間に、ゲノム編集食品が飛ぶように売れるようになる。

 

大量に販売されるようになると、多くの消費者は「病気になったという話は聞かないよな~ 問題はないみたい~ 安くて美味しいと思えればそれでいいや!」と、いつしか、何も意識することなく、再び、ただただ安いモノを追い求めるようになる。

 

ここに、急性毒性がなく慢性毒性のある食品の怖さがある。

因果関係の証明は、素人では不可能。専門家でも難しい。

つまり、どんなに重大な問題があるものでも、誰も責任を取ることはない。

政府も厚労省も食品安全委員会も製造・加工・販売業者も・・・ どのような被害が出ようとも、最初から「無罪」が確定しているのです。

ただただ、被害者が泣き寝入りをするしか方法がないのです。

 

これは、「遺伝子組み換え食品」も同じなんです。

多くの人は、「遺伝子組み換え食品」については、それなりの審査があり、安全性が確認され、表示義務も貸されているから「安全」 と、勝手に思い込んでいませんか?

表示があるから避けることもできている・・・ と思っていませんか?

 

例えば【納豆】【醤油】【菜種油】【とうもろこし】・・・

「遺伝子組換でない」という表示の商品について、民間団体が独自検査した結果、その9割以上の商品から「遺伝子組み換え」が検出された、なんて事例が何度もあるのです。

しかし、その商品を製造した企業、販売した企業が、大手マスコミで大々的に報道された、叩かれたという話は聞いたことがありません。

厚労省から、厳重注意や罰則を受けた、という報道も聞いたことがない。

 

忘れてはならないのは、遺伝子組み換え食品のうち、日本で販売されているもので、表示義務を課されているものは10%にも満たないということ。

10%に満たない表示義務のある商品であっても、「5%以内の混入では“遺伝子組換でない”という表示をしてもよい」ことになっているのです。

【法律が、詐欺を認めている】これが遺伝子組み換え食品なのです。

「使っていても、“使っていない”と表示してもいいですよ!」と国がお墨付きを与える。

どう考えてもおかしいと思いませんか?

 

どうして???

答えは明白です。簡単です。

政府は、遺伝子操作も遺伝子組換も・・・ すべてを完全自由化する方針を決めているからです。

今は、「遺伝子組換え」と「ゲノム編集食品」は違うと言っている政府・厚労省ですが・・・

「本質は同じ」ということは百も承知の上なのです。

 

今、世界中の遺伝子組み換え食品が日本に集まってきている。

【日本は、3世代~5世代かけて、全国民を対象とした壮大な人体実験をします】と、世界に宣言しているのと同じです。

 

EU諸国、中東諸国、中国、ロシアなどは、遺伝子組み換え食品禁止の方向で動いている。

理由は、多くの研究で、遺伝子組み換え食品を毎日摂取すると、当人より2世代目、2世代目より3世代目、ガン発症率が確実に上がる、ということが、動物実験で明らかにされているからです。

禁止の方向で動いている国は、「動物に起こっていることは人間にも起こり得る、はっきりと安全が証明されるまでは、できる限り禁止の方針を続ける」としているわけです。

 

ところが日本政府は、「動物実験で起こっていることが人間にも必ず起こるとは限らない、それを証明することもできない、だから安全だ!」と言っているのです。

日本って・・・ すごい国だと思いませんか?

【あなたは、あなたの家族を、国の壮大な人体実験に差し出しますか?】

今、それが問われているのです。

カテゴリー: 未分類   パーマリンク

コメントは受け付けていません。