スーパーバグ

【スーパーバグ】

【スーパーバグ】という言葉を知っていますか?

【耐性菌】という言葉は、聞いたことのある人が多いのでは?

【スーパーバグ】は、【耐性菌】の大親分だと思ってください。

 

病気や細菌を退治するために、特定の化学薬品を使うと、99.99……%の細菌が死ぬ。

しかし、0.00……1%の細菌は生き残る。

生き残った細菌が細胞分裂を繰り返し、子孫を増やす。その子孫は、特定の化学薬品で死なない細菌になっている。これが【耐性菌】です。

【耐性菌】を殺す化学物質を開発する。しかし、そこから再び、その化学薬品では死なない細菌が出現する。

この繰り返しをしていると、どんな化学薬品でも死なない【耐性菌】が生まれる。

これが【スーパーバグ】です。

体内に【スーパーバグ】が棲み付くと、どんな医療も効果がなくなる。

治療を受けても何の効果もないどころか、薬品を投与すればするほど、【スーパーバグ】が体内で増殖していくという悪循環が始まる。

化学薬品を餌とする【スーパーバグ】の出現も確認されている。

 

今、子どもたちの体内に少しずつ【スーパーバグ】が出現し始めている。

病気になっても治療の手立てがない、本人の治癒力に頼る以外方法がない。

田畑の周辺の雑草にも【スーパーバグ】が確認されている。

どんな農薬(除草剤)を使っても枯れない草、その草を淘汰するはずの草は猛毒の除草剤で枯れてしまう。

栽培野菜に【耐性菌】が確認されたものもある。

耐性菌を内在した野菜を食べれば、体内に耐性菌を取り入れることになる。

それを繰り返していると、体内に【スーパーバグ】を育てることになる。

 

確実に、私たちの身の回りに迫ってきている大きな大きな問題です。

 

話は変わりますが、「ファブリーズ」などの消臭剤を使っている人、多いですよね。

使えば使うほど、室内の臭いがきつくなってきた、という経験のある方も多いのでは?

【消臭剤耐性菌】 嫌なニオイを発する菌が耐性菌となって、さらにきついニオイを発するようになる。

すでにあなたの家庭内でも始まっているのです。

抗菌剤入りの芳香剤・制汗剤・ハンドソープ・整髪料・・・ みんな同じです。

 

ニオイがきつくなるから、さらに猛毒の化学薬品を使用した消臭剤が発売されるようになる。

イタチごっこですね。

菌は、姿を変えて次から次へと出現します。

あなたの身体は、姿を変えて対応し続けられますか?

あなたの体の中に【スーパーバグ】が出現。【スーパーバグ】があなたを助けてくれますか?

きっと助けてくれないでしょう。

【スーパーバグ】はどこまでも生き残り、あなたの命が奪われる。それが【スーパーバグ】です。

 

消臭剤は、ほんの一瞬のマスキング効果しかない。次の瞬間から耐性菌出現の準備が始まっているのです。

そこで現れてきた商品が、「マスキング効果を持続させる商品」です。

さらには、そうした薬剤を、自動散布装置によって室内噴霧。(マスキング剤発生装置ですね!)

商品名は同じでも、使用する化学薬品が変わったり増えたりしている。それを四六時中発散させ続ける。

恐ろしいことです。

どこまでいっても【スーパーバグ】出現のお手伝いをしているだけ! このことを忘れないでくださいね。

言うなれば【スーパーバグ発生装置】ということになります。

こうした社会現象で、【化学物質過敏症】を発症し、日常生活が困難になり、仕事を続けられなくなる人や学校へ行けなくなる子どもが急増している。

これが、今、日本中で社会問題になっている【香害問題】の実態です。

 

【スーパーバグ】 これは、細菌の世界だけのことではありません。

人間の世界、特に日本国内には、「スーパーバグ」なる人間や企業が多発している。

「合成洗剤メーカー」「製薬メーカー」「農薬メーカー」、これらに材料を供給するすべての「化学薬品メーカー」 人間界の【スーパーバグ】と言えるだろう。

 

有害物質を、手を変え品を変え売りまくり、次から次へと耐性菌を作り出す。

そうした企業を全面的にバックアップする【国】という行政機関。

その指示を出しているのが政府与党(自民党と公明党)。

人間界の【スーパーバグ】の親玉と言えるだろう。

こうした社会を、陰に日向に支え続ける【都道府県】という行政機関、【市町村】という行政機関、【テレビ局】という大手マスコミ、これらは、猛毒物質の助剤と言えるだろう。

 

子どもたちの化学物質過敏症、中には、個別に対処をしている教育委員会もある。

過敏症の子どもを隔離し個別指導という方法だ。

しかし、人手不足・スペース不足・資金不足を理由に、ほとんどの市町村の対応は後手後手になっている。本気で対処する気など毛頭ない。対処しているポーズを取る、というのが真の目的だ。

なぜなら、対処の方法は、もっともっと簡単なことなのだから!

単純なことだ!

人手も資金も場所もいらない。

猛毒物質を含んだ日用生活用品を使用しないように、全校児童生徒・職員に周知する。

たったこれだけのことでいいのですから!!!

 

消臭剤、制汗剤、芳香剤、柔軟剤・・・ これらには、もれなく「イソシアネート」という猛毒物質が使われており、ウレタンなどに使われる場合と違って、イソシアネートが香料などと共に揮発・発散する仕組みとなっている。

「イソシアネート」とは、職場環境基準が他のどんな化学薬品よりも厳しく定められているものです。

【こういうものを子どもたちの生活に晒される環境では使わないように!】

その指示を繰り返し繰り返しするだけのこと! こんな簡単なことなのです。

たったこれだけのことを、あらゆる行政機関が全くしようとしない。

する気もない。

つまり、『本気で子どもたちを守る気はありません』と言っているのと同じこと!

 

人の生命を危険に晒すのは、細菌の世界の【スーパーバグ】ではありません。

人間界の【スーパー―バグ】が危険に晒しているのです。

その助剤たる「地方行政機関」が、子どもたちを苦しめていることになるのです。

 

 

今、大騒ぎになっている「新型コロナウイルス」

ウイルスの耐性も、細菌と同じでしょう!

これは、まさに「スーパーバグ」の前哨戦的なものということだろう。

 

「密室は危険だ!」と大騒ぎをして、あらゆる催しをやめさせ・・・ にもかかわらず、症状もない人間を病院などの密室に強制的に閉じ込め重症化させる。

怖いのは「コロナウイルス」ではなく、強制的に閉じ込めようとする権力者たちの傲慢さだ。

 

肺炎の原因となるアルコール消毒や殺菌剤・抗菌剤などを、「コロナウイルス対策」と称し、ところ構わず撒き散らし、そして密室に押し込め、肺炎症状の人を増やそうとするこの愚策を何と言えばいいのだろう???

(「アルコール消毒の揮発成分を吸い続けると、肺炎のリスクが高まる」これは、医療業界では常識なのでは!!!)

 

本来すべき対策は、風通しを良くすること!

病院ですべきことは、すべての窓を出来る限り開け放ち、とにかく空気を入れ替える。

これが院内感染防止の最大の方法であるはずなのに!!!

専門家であれば誰でも知っていること!

こんなことさえも知らない医療従事者が、政府の言いなりに動いて被害者を増やしている。

コロナウイルスに感染していても、部屋の空気を入れ替えながら静かに寝ていれば、ほとんどすべての人は自然に感染から解消されていくだろう。

そうさせない政府の対策が一番怖いのです。

 

「風通しを良くすること!」

これは、人間界でも同じです。

今の政府、「風通し」がいいと思いますか???

行政機関、教育機関、風通しがいいと思いますか???

風通しが悪すぎるから、愚策が押し通され、根本的な対策がいつまでたってもできないのでは???

 

人の心も身体も、そして、いろんな組織も、風通し良く健康に!

そのために、こんなときこそ、海に行こう! 山に行こう! 公園に行こう! お散歩しよう!

窓を開け放て!!!

新鮮な空気を吸いに行こう!!!

そうすれば、人に危害を加えるウイルスは、勝手に消えていくでしょう!

 

 

(補足)

「不織布マスク」は、ほぼすべての商品に「抗菌処理」が施されています。

不織布マスクをするということは、たとえ超低濃度であったとしても、抗菌剤を吸い続けるということです。

その行為がどういうことなのか・・・ よ~く考えてみてくださいね。

 

 

コロナウイルス対策として、マスコミが報道している内容の中で正しい情報は「人込みを避ける」ということだけなのでは?

それ以外は、すべて他の目的があっての誘導のように感じる。

「人込みを避ける」

これは、ウイルス対策の時だけでなく、日常生活で常に心がけておいた方がいいことであって、今さら取り立てて言うことではないのでは!!!

 

 

もうひとつ、

2011年3月、福島第一原発事故のときは、「安全だ・安全だ」と国民を騙し続けて被害者・犠牲者を増やし続けた。犠牲者は今も増え続け見捨てられている。

そして今回は、「危険だ・危険だ」と煽り立てながら、政策によって重症者を増やし続けている。

 

 

このようにして政策として、今まで以上に貧富の差を拡大しようとしている。

大企業が赤字になって、少々報酬が減額されても役員などの生活は安泰。

苦しむのは末端の従業員だ。特にアルバイト・パート・期間社員・契約社員が一層苦しめられる。

中小企業や個人商店で、経済停滞の中で耐え得る体力のないものは、どん底に突き落とされる。

 

一時的に利益減少しただけの大企業は、その後、多額の税金の投入を受けながら、独壇場で儲けが転がり込む。

手を変え・品を変え、政策として、こうしたことが繰り返されている。

 

うんざりしてきますね。

カテゴリー: 未分類   パーマリンク

コメントは受け付けていません。