自然栽培小麦粉で手打ちうどん

ナチュラル・ハーモニーのスタッフ 森山さんのブログを紹介します。

以下、ブログです。

みなさん、こんばんは! ハーモニック・トラスト お客様サポートの森山です。いつも本当にありがとうございます。心から感謝しております。実は、私、うどんが大好きなのです。上京して中々私好みのうどんが食べれないので作っちゃうことにしました。

やってみて思うこと。うどん作りは結構楽しく、案外簡単なんです(^^)そして、かなり経済的なのです。

本日は、そんな楽しくて簡単な♪手打ちうどんをご紹介します。

森山うどん1    自然栽培の小麦粉でつくった自家製うどんは、中々他で食べることができない美味しさですよ。

自然栽培だからこそ!?なのか、腹持ちよく、材料費も1人前150円もしないのでは?というほど安く上がります。

<材料 5人前>・自然栽培 小麦粉(500g)  ・塩  25g

・ 水 225g    ・片栗粉 適量

<用意するもの>・大きめのボウル ・中ぐらいのビニール袋 1枚

・大きめのビニール袋 1枚 ・丸棒 なければビール瓶などでもOK

・平たい台 ・包丁

森山うどん2<作り方>

1.ボールに水に入れて塩を溶かしておきます。※ペットボトルに入れてシェイクすると簡単です。

2.小麦粉と1を中ぐらいのビニール袋に入れてひたすらモミモミします。※こねる作業が気にならない人は、ぜひボウルでやってください。

3.粉っぽいところがなくなれば袋の口をしばって、1時間ほど常温で寝かせます。(一次熟成)

森山うどん34.3から生地を取り出し、まるめたら大きめのビニール袋にいれて足で踏んでいきます。

5.全体をまんべんなく踏んで、広がったらまた丸めて踏んで踏んでを6~7回繰り返します。

6.もち肌のようになったら、丸めたのち、袋に入れたまま1時間ほど待ちます。(二次熟成)

 ※お疲れさまでした。お茶でものんでほっこりと休憩しましょう。

7.6を袋に入れたまま踏んで、薄い座布団ぐらいまで伸ばします。

8.平たい台の上に片栗粉をふって、7を置いたら丸棒でまんべんなく伸ばしていきます。3mmぐらいの厚さがベターです。

9.折り目が重ならないよう、8の生地を折り重ねていきます。(屏風折り)

森山うどん410.いよいよカットします。9を3mmほどの感覚で切っていきます。少々太さが異なっても売り物じゃないので気にしなくてOK。思い切りよく切るのがポイントです。

11.片栗粉をまぶしながら、ほぐして1食分ずつ束にしたら完成。あとは、大きめの鍋にたっぷりのお湯をわかして茹でたら出来上がりです。

 

<ポイント>

5~6分茹でたら、うどんが浮いてきますので火が通っているか味見をし、OKであればすぐに鍋からあげて冷や水でしめてください。(こうすることで強いコシが生まれますよ) 出来立てのうどんを、醤油だけでシンプルに食べたり、醤油+かつおだし+生卵で食べたりなど、食べ方は工夫次第。 素敵なうどんライフを楽しんでいただければと思います。

コメントは受け付けていません。