オーガニック ホワイトペパー ホール

≪オーガニック ホワイトペパー ホール 35g スリランカ産≫

 ホワイトペパーは多くの料理で使用されています。

 フランスと日本では、ブラックペパーに対してホワイトペパーの使用比率が相対的に他の消費国に比べて高くなっています。

フランス料理のホワイトソース、白身の魚料理やポタージュ等には、マイルドなフレーバーを持ち、辛味感の弱いホワイトペパーが適しています。芳醇な香りが鼻をくすぐることでしょう。

スリランカ中部の丘陵地帯マタレー付近で農薬・化学肥料を使用せず有機栽培されたものです。

確かな栽培技術を用いて、他の作物と混合栽培することで有機肥料さえも使わない自然栽培を行っています。

ホワイトペパーは、ブラックペパーと同じ胡椒の株から収穫します。ホワイトペパーはブラックペパーと違い、完熟した実を摘み取り、さらに流水で表皮を発酵させて剥きとります。

辛味成分であるピペリンの含有量が高く、他産地の1.2~2倍程度あります。

 

ホワイトペッパー ホワイトソース、白身の魚料理やポタージュ等などに最適です。

ミルを使って挽き立ての鼻をくすぐる香りをお楽しみください。

栽培産地のマタレー付近は、インドのマラバール地方と並んで、世界の胡椒原産地の一つと数えられています。

熱帯雨林特有の気象で、内陸の丘陵地帯であるため、単調ではない温度変化が特徴です。

マタレー付近の都市キャンディー(Kandy)は、小さな町ですが、長年スリランカにおける首都であり、仏教文化の中心地でもありました。

現在でも同市郊外にスリランカ随一の名門大学ペーラーデニヤ大学があり、熱帯作物などの学究が盛んな地域です。

30g 630円(特別会員 567円)

コメントは受け付けていません。