天然わら納豆

昔ながらの製法(発酵時に蒸気なし)で、生まれ変わった「豆うまか」!

「昔ながらの天然わら納豆は、わらに詰めた豆を、天然の納豆菌で発酵させることで完成する。その発酵を促すために、今までは蒸気を用いていました」
「私が住んでいた地域では、納豆づくりは冬の風物詩。もちにつけて食べるのは冬の贅沢でもありました。もちろん、わらについた天然の納豆菌で発酵させていたものですよ」
ただ、製法には大きな違いがあったといいます。
「蒸気を当てることはせずに、大豆に含まれた水分と熱のみで発酵させていたんです」
温度管理などできないから、成功率も50 パーセントくらい。。温度、湿度、時間など、無数のテストを繰り返し完成しました。
そして、納豆にピッタリと合った場をつくり、納豆もすくすく?と発酵をしてくれているようです。

天然わら納豆 豆うまか 小粒

300g
小ぶりの自然栽培大豆「エンレイ」と天然の納豆菌がつくり出した、究極の天然わら納豆! ご飯に絡めて食べやすい一体感をお楽しみください。
■原材料:自然栽培大豆
自家培養納豆菌

●天然わら納豆の包み紙に、まれに納豆のシミがついていることがあります。
品質には問題ありませんので、そのままお召し上がりください。
●天然の納豆菌は、温度が10℃以上になると二次発酵を起こし、カビの発生や粘りの低下など、品質劣化を起こすことがあります。冷蔵庫に食品がたくさん入っている場合や、開け閉めが多い場合は庫内の温度が高くなり、賞味期限内や未開封の状態でもカビが発生してしまうことがありますので、保管温度には充分ご注意ください。
また、納豆を「わらづと」から取り出す場合も、あまり長時間常温にさ
らさないようお願い致します。

コメントは受け付けていません。