過去の投稿

現実主義

【 現実主義 】

「現実主義」と聞いて、どんな生き方を想像しますか?

「もっと現実を見ろ!」って言う時の“現実”ってどんな現実?

 

「もっと現実を見ろ! 理想だけで飯は食えん! 夢のようなことばかり言うな!」こんな言葉をどれだけ浴びせられてきたことだろう・・・

世間の常識に従うことを「現実主義」という。これが世間の常識。

きちんと現実を見ることを「現実主義」とは言わない、ということなのだろう。

私は、「現実主義」ではなく、きちんと現実・本質・事実を見て・見極めて、欲に魂を売ることなく、当たり前のことを当たり前に言っているだけ、しているだけ、ただそれだけのつもりでいます。

 

「コマーシャルというものは、基本的にいらないものを買うように仕向けるもの、本来なくてもいいものを買わせるためのもの。本当になくてはならないものは、コマーシャルがなくても捜し求めるでしょう。」 これが現実です。

「本当に安全なものを求めるのであれば、また、循環型社会を求めるのであれば、テレビコマーシャルに出てくる商品を購入しないようにすればいい。」 これも現実です。

「自分の良心・ポリシーに合わない会社の商品を購入すれば、良心・ポリシーに合わない社会になっていく。」これまた紛れもない事実だと思います。

 

選挙で最も当選しやすい人は、『有名な人』『お金持ちの人』『権力のある人』ですよね!

そういう人ばかりが政治家になったらどういう世の中になるのか? 今の政治の世界を見ればわかりますよね!

だから、私は若い頃から、しっかり現実を見て、その上で、できるだけ無所属で・できるだけ有名でない人で・できるだけコツコツと物事に打ち込みそうな人を選んできた。

残念ながら、私が投票した人が当選したことはほとんどありませんが。

出来レースの確実に当選しそうな人に投票して、そこから甘い汁を吸おうとすることが「現実」であるならば、私はとことん「現実逃避」をし続けるだろう。

 

世界を見渡してみると、「我が国は民主主義です」と胸を張っている国は、すべて軍隊を持っている。

民主主義とは、民意を国政に反映させること。軍隊は民意なのか?

国が認めた殺人は“英雄” ・ 国が認めない殺人は“極悪犯罪”、これって民主主義と言えるのか? ここでいう現実とは?

 

私は、20歳代のときから「原発は危険!絶対なくすべき!」と言ってきた。当時、公的な場所でこうした発言をすると、「非国民」「犯罪者」のような言われ方をした。私を心配する人が、そっと「あの発言だけは辞めたほうがいいぞ!」と何度も忠告してくれた。何人もそういう人がいた。

私なりに現実を見て、原発は「極めて危険なもので利権を作っているだけ!」と判断した。極めて現実的だと思っているが、周りの人たちは「もっと現実を見ろ!」と私に忠言する。

私に忠告してくれた人たちが、あのときに、「確かに原発は危険だ、なくしたほうがいい!」と発言していってくれたなら・・・ 少しは世の中の流れが変わっていたかもしれない。

同じ繰り返しをしないためには、政治やマスコミの上辺の言葉を現実としてみるのではなく、実際に起こっている事実をきちんと素直に見ることが大切だ。

放射能は今も漏れ続けている、という事実を!

甲状腺がんや白血病が、異常に多発している、という現実を!

因果関係が科学的に証明できるかどうかではなく、甲状腺がんの子が100人を超えたという現実をしっかり見つめることが重要なのでは。

 

【「人材」ではなく「人財」】なんて言葉がもてはやされている。

そうだそうだ! 人は材料・道具ではなく財産なんだ! と喜んでいる人がいる。

でも私はこう言いたい。「私は、人材でも人財でもない。ひとりの人間だ!」と。これ以上の現実主義はないのでは? 私はそう思っている。

 

経済発展すると、貧富の差はなくなるのか? 貧困は解消されるのか?

お金持ちたちはきれいごとを並べ立てているが、GDPが増えれば増えるほど貧困な人たちが増えていく。この現実をどう説明するのか?

【経済成長 = 貧富の差拡大】 この方程式は、世界の歴史が証明している。貧困になっていない人たちが、貧困の人たちを見捨てた政策をする。これが現実です。

この現実をもっともっと推し進めたいのか・・・ 今、国民の10%が貧困に追いやられている。これを20%にしたいのか? 今、現実に行われようとしている政治・政策です。

貧困率が10%上がると、1%の富豪の財産所有高が跳ね上がる。中間層は一層労働強化を強いられるようになる。経済成長は、低賃金者層を増やすことを前提に成り立つ。これが現実です。

私は、こんな中での「人財」にはなりたくない。

富豪に搾取される労働でなければ、低収入で幸せに生きる道がある。この道を探ることが、一人一人が生きやすい社会にするための現実を見る、ということなのでは?

ほかにも山ほど例はあるが、今の日本の社会における「現実主義」とは・・・

 

【人が自然と共生しながら生きていく上での基本的な大切なことをできるだけ無視して、目の前の金儲けに専念させること!】と定義できるのでは?

 

この現実主義に沿った人たちが、世の中で「普通の人」「常識のある人」「学識のある人」と言われながら政策を担い、逆に「それはおかしいのでは?」と正直に疑問を投げかけ、自らの道を選ぶ人たちは、「変わり者」「非常識・非道徳な者」「社会の輪を乱す者」とのレッテルを貼られる。

日本はこのまま突き進んでいってしまうのだろうか???

2016.11.19

にんぽう倶楽部
TEL:0868-75-3801
岡山県美作市真加部1057-2
営業日 水曜日~土曜日
営業時間 11:00~17:00
定休日 日・月・火
(臨時休業することがあります)
お問い合わせ